生理不順の原因ストレスについて

仕事のミス、恋人との喧嘩、隣の住人の騒音など、普段の生活にはたくさんのストレスが存在しています。

このストレスは生理不順の原因であり、蓄積されていくと不妊症にまでなってしまいます。

なぜストレスが生理不順を引き起こしてしまうのでしょうか。

人間がストレスを感じると自律神経の中の交感神経が機能します。

この交感神経が長時間機能していると、脳から女性ホルモンの分泌を止めるように指令が出てしまいます。

女性の生理は女性ホルモンによって定期的に起きているため、女性ホルモンが減少してしまうと生理が正常に起きなくなり、生理不順になってしまいます。

また急な出張や転勤、失恋、急な出費など環境の変化によってストレスを感じてしまい、生理不順になってしまう可能性があります。

これは決して他人事ではなく、誰にでも起こる可能性があるんですね。

生理不順の原因であるストレスの対策について

生理不順の原因であるストレスを軽減させるには副交感神経を活発にさせればいいんですね。

自律神経は交感神経と副交感神経が交互に働いているので、副交感神経を活発にすることで交感神経を鎮めることができます。

その副交感神経はリラックスすることで活発になります。

リラックスする方法はたくさんありますが、そのなかでアロマテラピーがおすすめです。

アロマテラピーとは植物などの香りを配合したエッセンシャルオイルを嗅ぐことで精神のトラブルを回復させる自然療法です。

具体的にはエッセンシャルオイルをハンカチに浸して匂いを嗅いだり、入浴時に浴槽に数滴たらして入浴する方法があります。

オイル以外にもアロマキャンドルというろうそくを燃やすことで、リラックスできる香りを嗅ぐことができます。

これによりリラックスすることができるんですね。

最近ではリラックス効果だけでなく女性ホルモンの分泌やバランスを整える効果のものもあります。

運動の有効性について

生理不順の原因はストレス以外にも血行不良も挙げられます。

生理不順の原因(´;ω;`)辛い月経不順の対策

血行不良になると生殖器官が正常に機能しなくなり、生理不順になってしまいます。

この血行不良とストレスを両方改善する方法があります。

それが運動です。

これは体を動かすことでストレスが発散され、体全体の血行が良くすることができます。

また自分に負荷をかけるという意味でもメンタルトレーニングにもなり、ストレスに強くなります。

精神トレーニングと運動を兼ねて格闘技のジムに通うのもよいでしょう。

注意点としては、あまりにも自分を追い込みすぎると逆に体調を崩してしまう危険性があるということです。

あくまでもリラックスする目的なので、マイペースで行いましょう。

Copyright © 2014 生理不順の原因【月経不順を克服するコツやポイント】 All rights reserved.